今週の健康マガジン
クリックで再生
2013年8月9日放送
ピロリ菌が起こす疾患①~胃炎・潰瘍~
長崎大学病院 消化器内科 / 助教 赤澤 祐子
ピロリ菌は幼少期に感染し、時間をかけて慢性胃炎を起こしていきます。症状は、胃のもたれや軽い腹部痛などが主ですが、中には症状が全くなく、胃カメラをして初めて感染がわかる人も多くいます。慢性胃炎が進むと胃癌の発生リスクが高くなっていきます。また、ピロリ菌は潰瘍の原因にもなります。
今週の健康マガジン
週刊健康マガジン
2019年8月16日放送
長崎大学病院 脳卒中センター 助教 / 立石 洋平
2019年8月9日放送
長崎大学病院 高度救急救命センター 助教 / 上村 恵理
2019年8月2日放送
長崎大学病院 高度救急救命センター 准教授 / 山下 和範
2019年7月26日放送
社会医療法人春回会 井上病院 内科統括部長 / 賀來 俊
2019年7月19日放送
長崎大学 保健・医療推進センター 医学博士 / 河野 哲也